--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

【自分を評価して発信することをブロックしていたもの】


正直な告白をしますと

実はクリスタルヒーリングとか、やってる癖して
「スピリチュアル」や「ヒーリング」や「占い」をしてる人として見られることを怖れてました。

私は「ヒーラー」ではないので、そこはハッキリとしてますが

どうしてもなんか「怪しいことをしてる人」と思われたくない。
という葛藤があったのです。
散々SNSで発信してる癖して(爆笑)

つまり私自身が
スピリチュアルやヒーリングや占いを「怪しい」と思っていたと。



なんてこった。



いや、実は薄々気づいていたけど、そのあまりの矛盾から目を逸らしていたりした。

なので
クリスタルヒーリングが大好きなのに
全ての人にハッキリ宣言できない自分とかにも気づく。
(スピリチュアルに対して寛容そうな人の前では饒舌なくらい喋れるのに…)
なんか説明も、もごもごしてしまうんです。



じゃあどんな風にみられたかったかと言われたら…

……。

なんか会社員とか農家さんとか大工さんとか同じ一般的な?職業にみられたい。

皆んなと同じ土俵にいたい。
「違う世界の人」になりたくない

あれ…


私ってそんなにスピリチュアルや占いを「違う世界」と区別してたのか?

いや、もっと言うと差別してたのか…


わ〜〜ぉ。


愕然。



恥ずかしい。
穴掘って、ブラジルの人と陽気に踊りたい。




そんな訳で

今まで自分がセッションを重ねた中で起こった沢山の不思議な事やミラクルも、すごく面白くて嬉しいのに

頭の片隅で「ただの偶然」と囁く腹黒あさ子がいて

100の気持ちで捉えれなくて発信もどこか自制していた…ことに気づく。

誰に何を言われた訳でもないのに
「これは私の力ではない」と自分のセッションなのに
訳分からん予防線も張っていた。


そこに起きたことや後のクライアント様の感想や体感全てが、ただの「現実」なのにね。


ミラクルという現実。



もちろん、それは石や妖精たちの働きと
何よりクライアント様のスイッチが入るタイミングだったのが大前提。


だけれども。

わたし。


おいワタシ。


己の自己評価は置き去りかい。


もっと自分を評価せんかい。


自分が習った知識と精神と

自分が選んだ石やカードの上で起こった

沢山の「結果」をそのまま受け止めんかい。


そんな内なる声が溢れ出てきた
withたいっちトゥディ。


もっと自分のしてきた事に胸を張っていいんじゃないのか?


そもそも何を怖がっていたんだ。



あ〜〜ぁ。

アホらし。


ど〜〜でもえぇねん。他人がどう思おうと
ど〜〜でもえぇねん。自分が楽しけりゃ。


「占い」も「ヒーリング」も「スピリチュアル」は、実はとっても奥が深くて哲学的。

それでいて軽やかファンタジー。
DSC01710.jpg

…と私が理解していれば

それでいいじゃない。


その私が作り出す世界の中で起こったことは全てそのままを受け止めればいいじゃない。




そうしよ。そうしましょ。


これ発信したら

なんかもう後戻りできない感じ。


ゾワゾワワクワク。


スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieぽつりぽつり

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。